大和証券グループ概要

証券業の社会的意義

経済・社会の発展に欠かせない、

資金調達と資金運用を支援する

企業や国・自治体などの資金調達ニーズと、
国内外投資家の資金運用ニーズを
資本市場を通じて結び付け、お金の流れをつくります。

加速度的に変化する社会のなかで、

スピーディーでリスクをとった

資金調達を担う

発行体が資金調達する方法は
「直接金融」と「間接金融」の2種類ありますが、
その中でも証券会社の「直接金融」は投資家と発行体を直接繋ぐことができ、
資金調達のニーズに素早く対応することができます。

人生100年時代における、

多様な資産運用ニーズに応える

日本は超高齢社会を迎える一方、
超低金利が続いており、
今まで以上に運用ニーズが高まっています。
お客様それぞれのニーズに対し、
様々なソリューションを提供することが求められています。

投資を通じて

社会課題を解決

インパクト・インベストメントという、
社会課題を解決する投資にも取り組み、
貧困や環境問題などの社会課題と投資ニーズを結び付け、
課題解決にも寄与しています。
2020年には本邦初のSDGs-IPOの上場支援、
また2021年にはエネルギー・環境分野で初の
SDGs-IPOの上場支援を行っています。

※SDGs-IPO:社会課題解決に貢献する事業を行っている会社の上場

経済・社会の

発展に欠かせない、

資金調達と資金運用を

支援する

企業や国・自治体などの資金調達ニーズと、国内外投資家の資金運用ニーズを資本市場を通じて結びつけ、お金の流れをつくります。

経済・社会の発展に欠かせない、資金調達と資産運用を支援する

加速度的に変化する

社会のなかで、

スピーディーでリスクをとった

資金調達を担う

発行体が資金調達する方法は「直接金融」と「間接金融」の2種類ありますが、その中でも証券会社の「直接金融」は投資家と発行体を直接繋ぐことができ、資金調達のニーズに素早く対応することができます。

企業など発行体が資金調達する方法は直接金融と間接金融の2つ

人生100年時代における、

多様な資産運用ニーズに応える

日本は超高齢社会を迎える一方、超低金利が続いており、今まで以上に運用ニーズが高まっています。お客様それぞれのニーズに対し、様々なソリューションを提供することが求められています。

投資を通じて

社会課題を解決

インパクト・インベストメントという、社会課題を解決する投資にも取り組み、貧困や環境問題などの社会課題と投資ニーズを結び付け、課題解決にも寄与しています。2020年には本邦初のSDGs-IPOの上場支援、また2021年にはエネルギー・環境分野で初のSDGs-IPOの上場支援を行っています。

※SDGs-IPO:社会課題解決に貢献する事業を行っている会社の上場

投資を通じて社会課題を解決

Recommended Contents 次に見るべきコンテンツはこちら