社員・仕事を知る
HOME > 社員・仕事を知る > 大和証券ホールセール部門 総合職 難波慶子(大和証券キャピタル・マーケッツオーストラリアリミテッド)

大和撫子、世界を駆ける。

入社当時から海外勤務を希望していたこともあり、3年目でパリ支店へと異動になりました。年長の現地人スタッフに囲まれながら、それこそオフィスの開け閉めから営業、管理業務まで行っていました。未知の言葉と文化の中で孤軍奮闘する中で、困ったときでも自分自身で考え乗り越えていくという訓練ができたと思います。

そして次の赴任地ロンドンでは株式のトレーディングに携わり、帰国後はIB(投資銀行)部門という経験したことのない分野に配属となりました。それまでアクティブに動く市場相手のビジネスだったのが一転、お客様である企業や政府機関とじっくり時間をかけて関係を構築し、M&Aや資金調達の最適提案を行っていくことに。この、180度異なった業務は、私に新たな価値観をもたらしてくれました。

現在はオーストラリアの現地法人を率いる立場に就き、IBからマーケット業務まで、これまでの経験のすべてが生かしながら働いています。「30代女性がDAIWAのトップに就任」というニュースは、オーストラリアでも驚きをもって迎えられました。現地での注目度には驚かされますが、同時に日本企業が良い印象を持たれていることも実感します。それがプレッシャーにもなっていますが、自分が頑張ることで少しでも日本にプラスの印象を持っていただければと思いますね。

写真:難波慶子(大和証券キャピタル・マーケッツオーストラリアリミテッド)

難波慶子

Keiko Nanba

大和証券キャピタル・マーケッツオーストラリアリミテッド 総合職 支店長
2003年度入社

※ 取材当時の情報をもとに掲載しています