社員・仕事を知る
HOME > 社員・仕事を知る > 大和証券ホールセール部門 総合職 水谷花菜子(グローバル・エクイティ・トレーディング部)

好奇心のままにキャリアを描き、キャリアを描く。

大和証券の伝統あるトレーディングルームが、現在の職場です。保険会社などの大口機関投資家の資金を、いかに効率よく運用していくか。刻々と変わるマーケットの値動きを見ながらその原因を分析し、運用計画を立てて実行していきます。世界の投資家からも注目を集める日本の株式市場。その中心で働く緊張感を日々感じています。

以前は本店の資産運用コンサルタントとして働いていました。様々なお客様と接する中で、営業としての自信を得ていきました。しかし難しい案件に直面する度に「もっと深い金融知識があればよりお客様に貢献できるのに」と、悔しい思いも感じていました。より広い世界で、もっと深い金融の知識を身につけたい。そんな「知的好奇心」を満たすべく、現在の部署への異動を願い出ました。

トレーダーの仕事は実に幅広く、また奥深いです。普段からの情報収集はもちろん、知りえた情報を新鮮なうちにお客様へ提供していく必要があります。ひとつの金融商品がなぜ値動きするのか、国際情勢や社会動向を見ながら、そうしたメカニズムを究明していくのです。もちろん現在は覚えるべきことが山のようにあり大変ですが、ワクワクしながら充実した日々を送っています。

写真:水谷花菜子(グローバル・エクイティ・トレーディング部)

水谷花菜子

Kanako Mizutani

グローバル・エクイティ・トレーディング部 総合職 主任
2013年度入社

※ 取材当時の情報をもとに掲載しています