大和証券グループを知る
HOME > 大和証券グループを知る > 大和証券投資信託委託

大和証券投資信託委託【アセット・マネジメント部門】

事業内容と特色

大和証券投資信託委託(以下、大和投資信託)は、大和証券グループのアセット・マネジメント部門を担う資産運用会社として、内外の株式・債券・REIT(不動産投資信託)やオルタナティブ投資など幅広い投資対象において、さまざまな運用手法を用いた投資信託の設定・運用を行っています。これらの投資信託は、大和証券グループを含む全国の金融機関の窓口や企業の確定拠出年金(日本版401k)などの幅広い販売チャネルを通じて、多くの投資家に提供されています。

大和投資信託の強みは、アナリスト・エコノミストが約40名、ファンドマネージャーが約70名という業界屈指の充実した陣容を備えており、高い運用力を有している点です。
現在、大和投資信託では、海外の株式に投資する「ロボット・テクノロジー関連株ファンド -ロボテック-」、海外の債券に投資する「ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン(愛称:杏の実)」、米国の不動産投資信託証券に投資する「ダイワ米国リート・ファンド」、「ダイワ・US-REIT・オープン」に加え、ファンドラップへの専用ファンド提供など、多様な投資信託を取り揃えており、お客様の着実な資産運用・財産形成に貢献する「お客様に最も信頼され、選ばれる資産運用会社」を目指して、運用力、商品開発力および顧客サポート力をより一層強化しています。

大和証券投資信託委託 コーポレートサイト  大和証券投資信託委託 採用情報