公正な採用選考について
HOME > 公正な採用選考について

公正な採用選考について

大和証券グループは公正採用を実施するにあたり、三つの基本原則からなる
「公正な採用選考実施のためのガイドライン」を策定し、採用に携わる全ての役職員に周知しています。
ガイドラインの主な内容は下記の通りです。

公正な採用を行う上での基本的な考え方として下記の三つの基本原則を掲げています。

1.

「応募者の人権を最大限に尊重すること」

2.

「採用条件に適合するすべての人が応募可能であること」

3.

「応募者の適性・能力・意欲を公正かつ客観的に判定し、採否を決定すること」

応募者から提出を求める書類の主なものは下記のものとしています。

新卒者

1. 履歴書

・様式は学校指定、JIS規格、「新規大学卒業者用標準的事項の参考例(※厚生労働省作成)」もしくはそれに準じたものとしています。

・思想・信条・宗教・政治等個人の自由権に属する情報の記入は求めません。

2. エントリーシート

・大学生活で力を入れたこと、当社への志望動機、将来のキャリアビジョンなどを記入事項としています。

・思想・信条・宗教・政治等個人の自由権に属する情報の記入は求めません。

3. 成績証明書、卒業見込証明書、健康診断書

経験者(既卒者)

1. 履歴書

・様式はJIS規格、もしくはそれに準じたものとしています。

・思想・信条・宗教・政治等個人の自由権に属する情報の記入は求めません。

2. 職務経歴書
3. 資格証明書
4. 退職証明書

就職差別につながるおそれのあることがら(下記)を聞かない、書かせない、調べない、言わせないようにしています。また、それらを単に規制としてだけ受け止めるのではなく、なぜいけないのか理解するようにしています。

・本籍、生い立ちに関する質問

・家族の職業、収入、地位、資産に関する質問

・住居環境、家族構成に関する質問

・思想、信条、支持政党、宗教に関する質問

・女性に限定した質問など

健康診断について

採用時の健康診断は応募者の適性・能力を判断するうえで必要のない事項を把握する可能性があり、個人のプライバシーを侵害する可能性があります。また厚生労働省よりも採用時の健康診断について、実施の必要性について慎重に検討するよう見解が出されています。大和証券グループでは、新卒者に対して、入社前に健康診断を実施することはなく、学校で実施された健康診断書の提出を求めることとしています。また、経験者(既卒者)についても、その必要性を慎重に検討したうえで実施することとしています。