大和証券グループを知る
HOME > 大和証券グループを知る > ワーク・ライフ・バランス、福利厚生

ワーク・ライフ・バランス、福利厚生

大和証券グループの企業理念の1つは「人材の重視」であり、経営戦略の中で「全ての社員がモチベーション高く働き続けることが出来る環境整備を進めること」を掲げています。
2017年4月より、取締役会長日比野隆司と代表執行役社長中田誠司を共同委員長とした『ワーク・ライフ・バランス委員会』 を発足し、より強力なリーダーシップのもと、各種施策の実行により“飛躍的な生産性向上”を目指します。
創業以来116年の歴史と共に築いてきた企業カルチャー・DNAをさらに進化させ、クオリティNO.1を実現するため一層の働き方改革を進め、“全社員総活躍企業”を目指します。

※取締役会長および代表執行役社長を共同委員長とし、役員や部室店長から若手社員まで様々な役職・部門の役職員がアドバイザーとして参加し、ワーク・ライフ・バランスや女性活躍推進等の各種施策について幅広く議論しています。

男性も女性も、若手からベテランまで、全ての社員がモチベーション高く働き続けることが出来る環境整備を進めるため、以下のように行動計画を策定しています。

計画期間 2016年4月1日 ~ 2021年3月31日(2020年度末)

    数値目標

  • 「女性管理職比率」について、女性活躍に本格的に取り組み始めた2005年度比で5倍強となる15%以上とすることを目標とする
  • 引き続き、男女の区別なく優秀な人材を採用し、「新卒採用における女性採用比率」を各年度において、安定的に50%とする
  • 様々なスキル・専門知識向上を目的とした研修における「受講者に占める女性比率」を50%とする
  • 生産性や業務効率を高めることを目的として計画的な年休取得を促進し、「年休取得率」を70%以上とする
  • 「男性の育児休職取得率」を100%とする

女性活躍支援とワーク・ライフ・バランス

大和証券グループでは、「高次元のワーク・ライフ・バランスの実現」を目標に掲げ、仕事と生活の調和の取れた働き方の追及と、男女ともに多様な働き方ができる職場環境の充実を目指しています。

  • 女性活躍推進については10年以上取り組んできました。2009年には4名の女性役員が同時に誕生しました。グループ経営に、より多様な視点を取り入れるため、現在では、グループ全体では取締役・執行役・執行役員として8名、社外取締役河合氏と合わせて9名の女性役員を登用しています。
  • 女性支店長は約20%、女性海外拠点長は2名(2019年4月1日現在)と、活躍の場はますます広がっています。
  • 2007年より「19時前退社の励行」をスタートしており、全ての部門で実施率100%を目標に、社員が限られた時間の中で効率的に働くことを進めています。
  • 19時前退社の実施状況については、定期的に検証しています。
  • 複数の部署が協働する業務や会議に関するガイドラインを策定しています。
  • 年休を1時間単位で取得できる「時間単位年休制度」を設けており、柔軟な働き方が可能となっています。

画像

大和証券グループ生え抜きの女性役員8名

画像

BIS(国際決済銀行)とOECD(経済協力開発機構)で年金基金運用統括官などを歴任しています。
その経歴を通じて培われた経営に関する豊かな知識・経験を大和証券グループの経営に活かすべく、2018年より社外取締役に就任しました。

社外取締役 河合 江理子

画像

画像

社内コミュニケーション

大和証券グループでは、すべての社員が「働きがい」を感じる職場づくりを目指し、社員同士の連帯感を大切にし、社員の家族にも当社グループを理解してもらえるよう様々なイベントを実施しています。

画像

家族の職場訪問
中田社長とお子様の名刺交換

画像

家族の職場訪問
支店でのワンショット

画像

クラブ支援制度
試合に臨むサッカー部

画像

社内イベント支援制度
地元のお祭りに参加

大和証券グループの評価制度

当社グループの評価制度は、入社年次を問わず、若手・中堅・ベテランのすべての層がより高いステージや責任の大きいポジションで頑張りたいと思えるよう公正な処遇・評価体系となっています。また、公正な評価にもとづく登用を進め、多様な人材が能力を最大限に発揮できる環境を整備することが企業価値向上につながるという考えのもと、育児休職中においても、それまでの実績等を正しく評価し、昇格の対象としています。ライフイベントを経験しながらキャリアアップを目指していける環境を整えています。

福利厚生施設

日本国内施設はもちろんのこと、グアムにも法人契約施設があり、長期休暇などの休日を利用して充実した時間を過ごすことができます。

画像

グアムの法人契約施設

画像

保養所(ヴィラ舞浜)

画像

保養所(軽井沢ヴィレッジ)

健康

画像

大和証券グループは、従業員の健康に関する取り組みについて優れた上場企業として、経済産業省と東京証券取引所が共同で主催する「健康経営銘柄」に5年連続で選定されました。また「健康経営優良法人(ホワイト500)」にも3年連続で選定されました。

※「健康経営銘柄」とは:東京証券取引所に上場している企業の中から「健康経営」に優れた企業を選定し、長期的な視点からの企業価値の向上を重視する投資家にとって、魅力ある企業として紹介することを通じ、企業による「健康経営」の取り組みを促進することを目指すものです。

※「健康経営優良法人(ホワイト500)」とは:日本健康会議と共同で、保険者と連携して優良な健康経営を実践している法人を2020 年までに500 社を認定するものです。

住宅

社員が安心して職務に全うできるよう、住宅環境の充実を図っています。
・独身寮(総合職)
・社宅
・住宅手当

画像

鎌倉レジデンス

画像

鎌倉レジデンス

画像

五反田レジデンス(女子寮)

画像

池袋レジデンス

財産形成

大和証券グループでは、社員が充実した人生を過ごすことをサポートするため、社員の財産形成の補助となる制度を充実させています。
・大和持株会
・確定拠出年金(401K)
・つみたてNISA