社員・働き方を知る
HOME > 社員・働き方を知る > 大和証券リテール部門 総合職 德岡遼海(新宿支店)

真にお客様を知る。

柔らかな物腰で、爽やかな笑顔が印象的な入社2年目の德岡。経営者への新規アプローチに積極的に取り組んでいる。「経営者はお忙しいので、そうした方々と直接お話ができる機会は本当に貴重です。ご面談の機会をいただけた際は、いかにお客様にとって有益な情報をご提供できるかを意識しています」

年の瀬にかかってきたお客様からの1本の電話。「德岡さん? 良ければ一度話を聞きますよ」配属されてすぐの7月、偶然お会いできたあの方だとすぐにわかった。あの日以降、何度訪問してもお会いできない日々。それでも週に一度は訪問し、手紙や資料をずっと届けた。その様子を見て、お客様がついに連絡をくださったのだ。德岡は喜んでチューターに報告した。「面談は、お客様を知る大切な機会。話し上手よりも、聞き上手になれるように意識して!」德岡へチューターがアドバイスをする。じっくりとヒアリングしたことで、運用ニーズはもちろん、お客様の興味関心、生活スタイルに至るまで多くをお聞きできた。その内容をもとに、改めてお客様のニーズを德岡が考える。その後、チューター、課長、本部スタッフが一丸となって、お客様にとってベストなご提案をする。ついにお取引に繋がった。

「お客様から德岡さんに担当してほしいと言っていただける時が本当に嬉しく、やりがいを感じます。私を信頼してくださるお客様の期待に応えるために、お客様のニーズを把握することが一番の仕事だと思っています。また、お客様ご自身も気づいていない課題やニーズを見つけることも意識しています。しかし、知識や経験がまだまだ自分には足りません。先輩や上司、本部の方々からのサポートを受けながら、ベストなご提案ができるように努力しています。助言を受ける度に自分自身の多面的なスキルアップの必要性を実感しています」
必須の研修プログラムである「ダイワベーシックプログラム」にも、以前にも増して熱が入るようになった。知識をつけて成長することで、お客様に喜んでいただける提案ができる。「行ってきます!」德岡は、今日も笑顔で支店を飛び出していく。

写真:德岡遼海 新宿支店

德岡遼海

Harumi Tokuoka

新宿支店 総合職
2018年度入社