社員・働き方を知る
HOME > 社員・働き方を知る > 大和証券リテール部門 エリア総合職 沼田愛美(東京コンタクトセンター部)

「大和証券の顔」を担う。

入社後コンタクトセンターに配属され、フリーダイヤルに寄せられる全国のお客様の電話応対をするオペレーター業務に従事。「はじめは多岐にわたるお客様からのお問合わせにお答えすることで精いっぱいでした。証券業界のスピード感に戸惑うことも多く、上司・先輩のサポートや指導を受けながら奮闘する毎日でした」と沼田は当時の様子を振り返る。

お客様にとってオペレーターは「大和証券の顔」。自分の応対ひとつで会社の印象が変わりかねない重要な仕事だ。そのため沼田が意識していたことは、常にお客様目線に立つこと。
「同じ質問でも、その先に抱えている疑問はお客様によって様々です。本当に解決したいことは何か、お客様一人ひとりの立場に立って考えることを徹底しました」
その結果、「よくわかりました」「あなたに聞いてよかった」など、お客様が満足して電話を終えられた時の達成感はひとしおだったという。

段々と指導・育成する立場へのキャリアアップを意識していく中で、入社6年目にエリア総合職に転向。現在はスーパーバイザーとして、若手の育成や指導を担当している。
指導する立場となった今、後輩の成長を実感できることに一番のやりがいを感じている。
「初めは付きっきりで指導をしていた後輩が少しずつ成長し、一人前になって送り出すときの嬉しさは格別です」
かつて自分自身が味わった達成感を、一人でも多く実感できるよう、日々指導にあたっている。
現在は一児の母でもある沼田。子どもの成長、後輩の成長とともに、自分自身もコンタクトセンターでのキャリアを積んでいき、成長していきたいと思っている。

写真:沼田愛美 東京コンタクトセンター部

沼田愛美

Yoshimi Numata

東京コンタクトセンター部
エリア総合職
2008年度入社